仕事の価値観によって突き動かされるもの

ITの業界で残業の殆ど無い運用系の一例は横浜にある会社で、給料が25~27万円と比較的安定しているかと思います。
そして正社員の求人なので悪い条件ではないはずです。世の中には給料が安くてもいいから残業が無いところが良いという人も少なくはないでしょう。
生活に支障がないくらいの給料さえ確保できれば文句は無いということでプライベートを充実させているわけです。

残業をするのか否かは今の仕事が好きでやり甲斐があるのなら気にせずにできる人もいることでしょう。要は一日に割く時間において自分にとって悔いの無い時間を過ごせているかの問題なのです。中には残業の影響で翌日に遅刻する人もいますが、それだけ仕事に対して情熱を持って取り組んでいるということです。

自分のやり遂げるべき任務や仕事に対して長い時間を掛けてまで終わらせようとする意志の強さによって自身に勢いを付けるかのようにして仕事に取り組むのです。
そうした心構えで仕事に対して身を粉にして続けられる人は自身のプライベート以上に掛け替えの無い人生の一部として自身の成果を今を生きる時間に刻みつけていくのです。
そのには確かな自分という存在が頑張り抜いた証を残していくかの様に。

ITと聞けば一般的に花形の職業を連想させますが、そうした高級感を感じさせる職業だからこそ残業を気にせずに引き受けて自身の仕事に対してのプライドを持って乗り越えていけるのだと思うのです。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です